体軸トレーニングと前後軸の動作
 
   飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 無料メルマガ登録
  TOP体軸トレーニングと前後軸の体幹運用
 
 

  体軸トレーニングと前後軸の体幹運用について


  

こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[体軸トレーニングと前後軸の体幹] について、体幹操作の左右の動作を、更に精密精妙にして行く目的があります。

それと訓練の意味としては、軸のイメージで意識を鮮明にすることによって、心と体を強固に繋ぐ [体幹の左右動作] を更に精密な動きにするために [前後軸] の明確な意識を体幹の中に刷り込んで行く作業をお伝えして行きます。

前回、 [体幹の前後動作] の基礎訓練を行う際、 [体軸は横軸] でしたが、 今回は [体幹の左右動作] の基礎訓練になりますので [体軸は前後軸] になると いうことは、もう理解できるとは思います。

[体幹の左右動作] をしながら、 [臍下丹田の中心] の前後を貫いている [前後軸] を回転させるイメージで、骨盤が左右交互に持ち上がるような意識で行います。


[心が身体を導く] という原理原則がありますので [体軸の養成訓練] は、 あくまでも [前後軸] の意識を伴って行わなければあまり意味がありません。

他でも書きましたが [体軸意識] の養成ですから、身体だけを何も考えずに動かしても、 効果的な上達法ではないと思います。

これは、スポーツや他の身体運動にも言えることではあるんですが、肉体だけのトレーニングよりも、意識を伴ったトレーニングの方が、効果を考えた場合の [運動能力の上達] は遥かに 優れています。

でも、人は何も考えずに肉体だけを動かしていた方が非常に楽なので、あまり [考えたり意識したりするのが苦手] の人が多いのです。

逆に云うならば [頭を使ったり 意識を使ったり] できる人は、少数派に属しますので、 高確率で何かで成功する人だという訳です。

話が脱線しましたが、この [意識を強化] できるか否かで [達人の域] に到達できるか どうかということも [意識を強化する] ことに掛かっています。

難しい話になりましたが、ここでは [前後軸] を理解して下さい。 [護身術に必須の身体操作] を習得するためには、先ずは体軸意識を自分の中に刷り込んでいかなければなりません。

それが [相手が抵抗できない力] を養成するということになるのです。

皆さん最初は、いつも使わない脳を沢山使いますので [脳疲労] を起こしたような感じになるかも知れませんが、それは [脳を活性化] しているのですから、そう思って一緒に頑張って 行きましょう。



本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/