脱力体と統一体の陰と陽のバランス
 
   飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 無料メルマガ登録
  TOP ,strong>>脱力体と統一体の陰陽バランス
 
 

  脱力体と統一体の陰陽バランスについて


  

こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[脱力体と統一体の陰陽バランス] について、陰と陽のシンボルマークを見たことのある人は多いと思いますが、あのシンボルマークの意味を知る人は少ないのではないでしょうか。


昼と夜、裏と表、心と体のように、この世に存在するものは総べて [相反する両極] に よって成り立っている。この両極を一体にすることで物事は完成するということで、昼と夜を一つにすることで一日になり、 [心と体を一体化することによって人間が完成] するのです。

以前、「身体の在り方」を養成する上で [統一体] についてお伝え しましたが、今回は身体の力を抜くということで [脱力体] について解説してみます。

[統一体 脱力体] と便宜上分けてお話していますが、これらはまったく別のものではなく、陰陽一体のものであり使い方なのです。

[統一体] の中にも [脱力] があり、 [脱力体] の中にも [統一] して使う部分がある訳で、二種類の使い方として捉えると、身体も分離して使うようになって しまいます。

ですが、陰陽一体として話しを進めると、抽象度の高い掴みどころのない解説になり兼ねますので、敢えてここでは [脱力体] として単体の呼び方でお話しします。

[統一体] と同じく、身体のすべての [無駄な力を抜いて地球の重力] に委ねます。 と言われても、具体的にどうするのか解りません。

地球の中心からは、 [重力線という地球の中心] に向かって引っ張っている力、引力が ありますが、私たち人間も常に身体を地球の中心に向かって引っ張られているのです。

地球の中心に引っ張られているという感覚は、ほとんどの人が感じていないと思いますが、地球には重力があるということを習い、知っているから論理的に頭で知っているだけなんです。

地球の中心から [引力] として引っ張られている、私たちの身体があるという論理で話せば、 [体重が70kgであれば、70kg分の重力 ] が常に地球の中心に向かって落ちているという訳ですね。

本来、我々はこの [70kg分の体重を維持するだけの筋力] で地球上に立つべきなの ですが、私たちは例外なく [体重の数倍を超える筋力] で立っているという訳です。

そのため、[身体を重力に対抗させる力] に多くの筋力を使い、他に働きかけるべき分の力が充分に使え切っていないのが地球上で生きる私たちの現実なのです。


これを武道では、 [居着き] と言って嫌います。この [居着き] という、人間の本能的な作用は、 [内面的 心理的] な影響が大きく働き、武道は、これを超越せんとして [座禅や瞑想 滝行] などの内面的修行によって [超越する力] を得ようとしたのです。

現代でも、スポーツなどではよく使う [力むな! 力を抜け!] という言葉でも解るように人間は [心理的 無意識的] な見えない内面に影響され、動かされているといっても過言ではない。

[脱力体] を養成するためにも、自分の内面が大きく左右することは云うまでもないの ですので [脱力体] の養成は、意識や内面の訓練が必須にナルという訳ですね。

身体の中心を縦に貫く [中心軸] を明確にイメージしてみて下さい。 その [中心軸] が上下に伸びて下は地球の中心へ、上は天空遥かの星まで繋がっているというイメージを先ず作ってみて下さい。

このようにイメージできたら、自分の中を通る一本のラインが天地に支えられている感覚になると思いますが、自分の身体が [この宇宙に、大自然に] 支えられている感覚になるはずです。

この感覚が強くなれば、 [天地に自分の身体を任せて] しまえるようになりますので、 [力みや居着き] が最小限になって行くということを感じると思います。

そして [脱力体] の修行が進み、どのような状態でも力を抜くことができるようになって、行く自分が出来上がれば、何事にも力を抜いてリラックスできるようになります。

直接の稽古では、 [統一体 脱力体] のテストを行います。他者によって、手や足を持ち上げられても、胸や背中を押されても微動だにしない身体を養成することができれば、自分の身体を自分でコントロールできるということになるのです。



本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/