体幹操作法の臍下丹田の縮小法
 
   飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 無料メルマガ登録
  TOP体幹操作と臍下丹田の鎮め方
 
 

  体幹操作と臍下丹田の鎮め方について


  

こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[体幹操作と臍下丹田の鎮め方] について、満月を鮮明に映す湖面のように、透き通った波立たない心で相手と対峙すれば相手の心に寄り添うことも心を読むこともできる・・

自分の [身体のみしか見えなければ] 自分勝手な動きにしかなりません。しかし、相手の心や身体が明鏡止水の如く映って見えれば、相手と一体になることも従わせることもできます。

さて、私たち人間は [身体を使うこと] が大好きという人は多いのですが、 [心や意識] を使うのが大好きという人は滅多にいません。

それだけ人は見えない [意識や心] を使うことが苦手で好きではないのです。それは人間は見えるものに対した方が簡単だし [簡単で楽な方へ] 行きたいのが本能なのだということだからです。

でも、ここに [人生のチャンスが隠れている] ということが解りますね。90数%の人が見えるものしか見ようとしない訳だから [見えないものを追求するのは、ほんの数パーセントの人] 世の中で何かで成功した人はこういう人なのです。


例えば、私たちが手を使うときには、使おうとしている 手先から動かします 手で何かを持ったり取ったりするときも [腕や手の力] で行っています。 しかし、それでは部分的な力しか使えてないので [不効率な使い方] しかできません。

私たちは手や足の末端を使って用事を済ましたり、何かに作用させているのですが、例えば、 その [使い方の発想] を少しだけ変えて見るのは如何でしょうか。

手足を先に使わずに [意識を使った後] に実際の手足を使うという発想ですが、この言葉だけの表現で理解が可能かどうか不安ですが、これはまず最初に [体幹の使い方] の中の基本的な操作の稽古法になります。

稽古法といっても、身体を駆使しての稽古ではなくて [意識の強化法] と言った方が適切だと 思いますが、単なるイメージトレーニングとも違います。

[体幹操作] と言っても、体幹は手足のように自由に大きく動く訳ではないので体幹の実際の動きは極めて少なく [2対8くらいの割合] で意識を身体より多く使う訳で。そう [8割が意識] で [2割が身体] という割合です。

私が学んだ古流空手の教えには [2割の身体と8割の意識] というものがあるのですが、 これは武道や武術は [意識を極めて極意に至る] という教えでもあります。

例えば、 [体幹内の下丹田と中丹田] を逆方向に動かす訓練をするときも手足のように自由に [動かない体幹] を如何に動かせばいいのかを、身体のみの動作で操作しようとするのは非常に困難です。

まず一的には、[下丹田が骨盤の中心] にあり、[中丹田は胸郭の中心] にあるのですが その位置を知ったからと言って、今度はそれを如何に動かせばいいのかという問題が出てきます。


このように [身体の使い方を基本的な動き] まで遡って行う訳なんですが、先程も言ったように、 [体幹は手足] のように大きく自由には動けません。

そこで、意識の力が必要になるのですが、まずは [意識が身体を導く] という [原理原則] を頭に叩き込んで、それを確信することが重要になります。

この [自然の原理] に対して、色々理屈を捏ねる人が時々いますが、このような原理原則に対して、どうこう言ったところで [既に決まっている原則] には従うしかありません。これについて議論をしても時間の無駄ですので、素直に受け入れること最重要です。

[意識が身体を導く] と言っても、意識には [無意識] もありますから [顕在意識的] に、一々こうしてああして、と意識的にインプットするのは稽古の時だけ行います。

車の運転のように、[最初にハンドルを右に切って] などと意識的に考え、運転初心者の頃は誰もがこのように意識的に練習したはずですが、今はどうでしょうか。

しかし今は [無意識] にハンドルを切ったり、ブレーキを踏んだりしていませんか? しかも、誰かと話ながらでも、何事もなく安全に車を走らせていませんか。

このように [練習や稽古は意識的] に反復して身体に落とし込めば [実践は無意識レベル] で行えるまでになるという訳です。そして、それが実践で使える [スキル] だということです。



本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/