体幹を鍛える運動 体幹の左右動作
 
   飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 無料メルマガ登録
  TOP体幹を鍛える運動 体幹左右動作
 
 

  体幹を鍛える運動 体幹左右動作について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[体幹を鍛える運動 体幹左右動作] について、イメージとしてフラダンスを想像してみて下さい。左右の骨盤が上下して動いているのが解りますね。

ハワイアンのフラダンスで、左右の腰をはね上げているのを見たことはないでしょうか? あのように、骨盤を左右に上げたり下げたりする動作が [体幹の左右動作] を使っている動作なのです。

さて、 [体幹に対する認識] は [内蔵の収納庫] と言いましたが、 もう一つの一般的認識として、単なる [体幹(胴体)は箱のような一つの塊] として認識していると思いますので、その塊をどうやって動かすというのかということを知りません。

前回の [護身術に必須の身体操作] の [体幹の前後の動き] について書きましたが、今回は 体幹の2つ目の動きとして [体幹左右の動き] について解説してみようと思います。

簡単なイメージで言うと、 [右の骨盤が上がると右の胸郭は下がる] ということ、逆に言うと [左の骨盤が上がると左の胸郭は下がる] ということになります。


沖縄古流の武術では [右ガマク 左ガマク] という呼び方をすることもあり、 [ガマクとは沖縄の方言で腹] という意味のようですので、この場合では [右脇腹 左脇腹] になります。

一つ目の [体幹の前後の動き] では、前面を縮めて、次に背面を縮める動き でしたが、この [体幹の左右の動き] では、右脇腹を縮めて、次に左脇腹を縮めるという言葉で、動作が想像できるでしょうか。

例えると、ハワイアンダンスなどで [骨盤を左右交互] にはね上げたりしているのを、 見たことありませんか? あのような動きが [体幹の左右の動き] になるのです。

使い方や使う趣旨は違いますが、[動作自体はあのような動き] になります。 これは [横の相手を蹴る場合] とか、または [横の相手に力を作用させる場合] の基本的な 動作になりますので、ここでしっかり覚えておいて下さい。

今は基本的な体幹の動作として [3つの動き] を、一つ一つ分解して 説明していますが、実際の場合は実践的に [体幹を使って動] をする場合など、 同時に2つ3つの [体幹の動作] を使いますので、この場合これで倒すなどという単一的な使い方だけではありません。

3つの動きが複合して体幹が使われた時に身体操作の応用ができる訳で、 そのための [基本動作の一つ] だと認識していて下さい。

それでは、ここでは [護身術に必須の身体操作] の基礎とし [体幹の左右の動き] をマスターして下さい。



本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/