体軸トレーニングと体幹の運用法
 
   飛鳥塾|中山師範の体幹操作法

トップページ 体幹操作の道しるべ 体幹の精密な使い方 体幹操作と護身術 師範プロフィール 教材・販売ページ
Amazon出版本 体幹操作法 道場入門 体幹操作の基本 体幹からの突き蹴り 無料メルマガ登録
  TOP体軸トレーニングと体幹運用法
 
 

  体軸トレーニングと体幹運用法については


  

こんにちは、飛鳥塾の中山です。

あなたは武術の達人が使う「身体操作」についてどう思っているでしょうか?「やらせだ!怪しい!」そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったりあんなことが本当に人間にできるのでしょうか? このサイトでは、この「不思議とも思える」身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

では、今日の本題に入りましょう。

[体軸トレーニングと体幹運用法] について、体軸を養成するには、 [体幹の前後の動作、体幹の左右の動作、体幹の捻転動作] を基本にした体軸を いいますが、身体の動きを司る動きはこの [3つの動きの体軸トレーニング] が基本になっ ています。

[体幹操作の3つの動き] がマスターできたら、次からは、更に精密度を高めるために体幹の基本動作に身体の軸を重ねて [体軸意識を強化] していきます。

[体幹操作] の基本3動作を理解した後は、その基本動作を更に精密にしていくための [軸意識] の養成が必要になります。

先ず、ここでは [体幹の動きと体軸を重ねる方法] と、どの動きには どの [軸意識] が必要なのかを具体的に理解して頂きます。

例えば、 [体幹の前後動作] の動きを [体軸] と合わせてみますと、私たちが呼んでいる [横軸] という軸になります。

この [横軸] は [骨盤内の臍下丹田] を左右に貫く横のラインのことで [体幹を前後に精密] に動かすときの [基軸になる大切な部分] になります。

次に [体幹の左右動作] なのですが、体幹を左右交互に動かしてみて見ると どこがこの動きの中心になっているのかが解ると思います。

この軸を私たちは [前後軸] と呼んでいますが [骨盤の臍下丹田] の位置を、今度は前後に貫くラインのことを [前後軸] として捉えていますが、この [前後軸] は [体幹の左右動作] [をより精密にするための軸です。


そして最後3つ目の [体幹の捻転動作] を、精密且つ明確にする軸ですが、 [中心軸] と云われている軸になります。

この軸は多くの人が知っている軸だと思いますし、一般的には [体軸] と言えば、この軸のことを指して言いますが、この軸しか知らない人がほとんどだと思います。

この [中心軸] は正中線とも呼びますが、地球の中心から人体の会陰を通り頭頂の百絵を貫いて、天空に伸びているラインのことを言います。

[体幹の捻転動作] の粗雑な振れを、より精密な円を創り出す軸になり、 [遠心力と求心力] を生み出す基軸にもなる重要な軸になります。

これらの3つの軸のことを私たちは [身体の三軸養成] として [体幹操作] と共に、自分の身体の中に創り上げる重要な基本としています。

一通り、 [体幹の三動作] と [体軸トレーニング] としての三軸について、概略を伝えてきましたが、是非、この [基本動作] の関連と意味を理解して頂きたいと思います。

では、次回からは [身体の三軸] を一つ一つもう少し詳細に解説していきますので 乞う、ご期待下さい。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。






Copyright © 2015 体幹を鍛えるトレーニング術 All rights reserved.
by asukajuku.jp/